おしらせ

2023-11-30 16:38:00

📝姉妹道場の「人気稽古メニュー」を真似してみました(子どもクラス)

DSC08606.JPG

 

咲柔館コラム257
姉妹道場の「人気稽古メニュー」を真似してみました

 

 

 

 

 私は教員時代から出稽古に行ったチームのメニューをよく真似させていただいていました。今でも「よいと思ったものはすぐに取り入れる」をモットーにしています。今回は姉妹道場である文武一道塾 志道館さん(東京都)の人気稽古メニュー「海賊船」をやってみました。ルールは以下の通りです。

※文武一道塾 志道館 ウェブサイト
⇩
https://www.bunbuichido.net/

 

 

【海賊船ルール】

受身や投げ込みの練習で使うマットが”船”

マットの上の子供たちは”乗組員”

マットの周りは全て”æµ·”で、指導者が”サメ”という設定です。

 

・マットの上では立たない

・サメはマットの外から「柔道衣」をひっぱる

・手足は掴まない

など、細かいルールを設定し、ケガのないように進めます。

(文武一道塾 志道館 ウェブサイトより転載)
⇩
https://www.bunbuichido.net/20231019activities-kaizokusen/

 

 

 

 

 文武一道塾 咲柔館ではメニュー名を「ジョーズ」と変え、サメ役の先生は、あの「デーデン、デーデン」というテーマ曲を口ずさみながらお子さん達に接近します。お子さん達は、本当のサメが来たかのようにドキドキです。お子さん達は自分や仲間が海に引きずり込まれないように、お互いを全力で守りあっていました。

 志道館さんでは何度もリクエストがあるそうですが、咲柔館でも同様に「もう1回やりたい!」という声が沢山あがりました。

 

 

みんなで団結してサメに立ち向かう。

お互いの柔道衣を掴み合い、海に引きずり降ろそうとするサメから身を守る。

海に引き込まれてる仲間を引き戻そうともがく。

 

この力と力のぶつかり合いが、スリルが、クセになるようで、何回か繰り返しもう終わり!と言う段階になっても「ねー、あと一回!」「ラスト、もう一回だけ。お願いします!!」と熱望されることもしばしば。

(文武一道塾 志道館 ウェブサイトより転載)

 

DSC08599.JPG

DSC08597.JPG

 


DSC08803.JPG

 

 

 

 

 私は週に1つ子どもクラスの新メニューを作る(時に真似する)ことを目標にしています。柔道だけでなく、他のスポーツや子ども向け番組を参考にすることもしばしばです。中にはお子さん達に全くウケないメニューもありますが、今回のように大ヒットするものもあります。お子さんたちが汗をいっぱいかきながら、笑顔でキャッキャと楽しんでくれた時は最高に嬉しいです。

 メニューを作る際に大切にしているのは「安全第一、おもしろ第二」。これからも怪我の防止を常に心がけ、お子さん達の心と体を育てる楽しいメニューを実施していきたいと思います。

 「これは子どもにウケるよ!」というおもしろメニューがあったらぜひ教えてください。皆さんから教わったメニューも稽古に取り入れていきたいと思います。

 

 

 

 

「柔道をやることで、人生はより豊かになる」

「柔道家が増えることで、社会はより良くなる」

文武一道塾 咲柔館




※noteより転載
https://note.com/shojukan/n/n9d311d5de33c