おしらせ

2021-10-20 18:46:00

咲柔館コラム116 私の得意技③「谷落(たにおとし)」~漫画『帯をギュッとね!』から学んだ技~

DSC03984.JPG

 

 私の得意技シリーズ最後は、「谷落」です。この技は、高校に入るまで見たことも聞いたこともありませんでした。この技を初めて教えてくださったのは、2学年上の先輩です。先輩がたまに乱取りで使っており、「面白い技だなあ」と興味を持つようになりました。ただ、先輩の真似をしてやってみたものの、なかなか上手くできず、高校1年生の時点では練習を止めてしまいました。

 

 

 

 

 本気で「谷落」に取り組み始めたのは、高校2年生になってからです。高校時代に愛読していた柔道漫画『帯をギュッとね!』(河合克敏/小学館)に大きな影響を受けました。漫画に登場する高校生たちは、日本一を目指して3つの強化項目を立てます(22巻)。その1つが「裏技」です。提案者である斉藤は、仲間にこう訴えかけます。「各自があと半年間の間に、必ず何か1つ新しい技を身につける!そして、それをいざという時の隠し玉として使うっ!」「たとえ一本が取れなくてもいい、だが!その技を出したら必ず有効でも効果でもいいから、ポイントを稼げるというような技がいい。」 

 日本一になれるか否かで衝突し、一度は分裂した仲間たちが、「本気の“楽しい柔道”」で日本一を目指そうと再び動きだす22巻が大好きです。私は「裏技」という言葉に憧れ、「谷落」の練習を再開しました。

 

 

 

 

 『帯ギュ』で「谷落」が登場するのは、全国大会の団体戦決勝です(29巻)。次鋒で登場した主将の杉は、相手の小外刈で立て続けに技あり、有効をとられます。もう後がありません。そこで、杉は起死回生の裏技「谷落」をかけ、この技が見事にはまって技あり。そのまま上四方固に移行して一本勝ちを収めます。

 私はこのシーンのコマを何度も見返して、技の研究を重ねました。そして、「谷落を極め、ここ一番で絶対に決める」と信じ、全国大会予選までの約2ヶ月間は、毎日稽古後に左右50本ずつ、合計100本の反復練習を繰り返しました。

 

DSC07602.JPG

 

 

 

 

 そして、春の選手権(全国大会)団体戦栃木県予選決勝、ついに私の「谷落」が決まります。相手の動きを見ながら、虎視眈々とチャンスを待ちました。そして、この試合中にとても不思議な体験をします。自分の内側から「今だ!!」という声が聞こえたのです。これは監督や仲間の声ではありません。心の声なのか、神様の声なのか、わかりません。でも、その声が聞こえた瞬間、無心で谷落をかけていました。相手は横倒しに倒れ、「有効」という審判の声が聞こえました。ただ、その後の記憶が全くないのです。すぐに横四方固に移行するものの、すぐに逃げられ、亀になった相手を三角絞の形でひっくり返し、気づいたら腕ひしぎ十字固に入っていました。「関節決まっているぞ!!」という大きな声(この声はチームメイト)で我に返り、腕をきめて一本。この谷落からの一連の流れは、試合後にビデオで観て分かりました。いわゆる「ゾーン」状態だったのかもしれません。

 漫画で覚えた技が、現実の試合で決まった瞬間、その後、チーム一丸となって戦い優勝を決めた瞬間、あの時の感動は、一生の宝物です。

 

 

 

 

 ちなみに、この時勝った選手には、翌日の個人戦で判定負け、そして、高校最後のインターハイ予選の団体戦決勝では「体落」で有効をとられて負けました。高校時代は、ライバル校の選手と話をすることは1度もありませんでしたが、大人になってから彼と再会し、当時のことを笑顔で話せた時は、すごく嬉しかったです。

 『帯ギュ』、そしてライバル選手のお陰で、谷落という得意技をつくることができました。作者の河合克敏先生、ライバルだった彼に心から感謝しています。 

 

私の得意技「まとめ&反省会」につづく

 

 

 

※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/na65ff8561c73



 

2021-10-17 11:35:00

咲柔館コラム115 柔道部がない中学生も頑張っています!②~柔道で身につくライフスキル~【中高・一般クラス】

DSC07688.jpg

 

 咲柔館には、地域の学校に柔道部がない中学生も通っています。昨日も、元気一杯の中学生が入塾してくれました。東京オリンピックを見て、「柔道ってかっこいい!」と思ったそうです。「憧れの選手は阿部詩さんです。」と語る彼女の目は輝いてました。

 

 

 

 「特に柔道の基本をしっかりと身につけたいです」と話しており、中学2年生ながらしっかりとした考え方を持ってるなあ、と感心しています。競技柔道で活躍する、生涯柔道として長く柔道を楽しむ、いずれの目的においても基本技術の習得は大切です。まずは、受身の練習、補強トレーニングをしっかりと行い、怪我をしない身体を作っていきます。

 彼女は陸上部に所属しており、基礎体力がとても高いです。それに加え、身体の使い方も上手で、初めて投げられた時も上手に受身をとることができました。今後の中学生たちの成長がすごく楽しみです。


DSC07678.JPG


DSC07682.JPG

 

 


 私が中学生たちに身につけてほしいのは、柔道の技術だけではありません。柔道を通して「ライフスキル」を身につけてほしいと考えています。相手に対する礼儀、失敗しても立ち上がる強さ、言葉を使って物事を説明する論理的思考力など、柔道で学べることは数えきれません。若い時に柔道で学んだことは、きっと将来にも活きるはずです。まずは楽しみながら柔道を続け、一歩ずつ、ゆっくり成長していってほしいと思います。




※過去の記事です
↓↓↓
「柔道部がない中学生も頑張っています!」
https://note.com/shojukan/n/n9327a747f3b0




※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/n1e09b8a99c67



 

2021-10-14 21:39:00

咲柔館コラム114 「考える柔道」のレベルアップ~振り返りノートを使った成長~【子どもクラス】

DSC07655.JPG

 

 咲柔館の小学生は、稽古後に振り返りノートを書いています。書く内容は、①今月の稽古目標の達成度(5点満点)②自由作文(学んだこと・気づいたこと・できるようになったこと・嬉しかったこと・これからの課題など)です。

 今日稽古に参加したお子さんは、乱取りで相手を引き出す大内刈がきれいにきまりました。見事な一本です。稽古後にその瞬間を振り返り、「なぜ一本をとることができたのか」をノートに書いていました。

 

 

 

〈原文〉 

なぜ一本をとれたのか(大内刈)

じぶんの力で相手をおして その後相手もおしかえした時に力をぬいて 相手の力をりようしてわざをかけたから。

 

DSC07653.JPG

 


 投げることができた理由をきちんと理解しているようです。特に「脱力」や「相手の力を利用する」という柔道のコツを分かっている点には驚きました。とても成長を感じます。 

 

 

 

 咲柔館では「考える柔道」を大切にしています。「なぜ」受身が必要なのか、「なぜ」投げる時に引き手を引くのか、「なぜ」技がかかるのか、「なぜ」礼をするのか。子ども達自身が考えて出した答えは、頭の中にしっかりと残ります。更に学んだことはノートに書くので、何度でも復習できます。

 お子さん達の「考える柔道」のレベルが少しずつ上がってきました。徐々に再開している乱取りや寝技など、色々な場面で発揮されるのが楽しみです。これからも柔道を通して、体だけでなく、頭も鍛えていきます。




※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/ndb5402776e1a




2021-10-13 13:32:00

咲柔館コラム113 私の得意技②「掬投(すくいなげ)」~投げられまくって覚えた技~

DSC03982.JPG

 

 

 掬投は、高校時代同じ階級(当時95㎏以下級)の先輩が得意としていた技です。その先輩は受けが強く、相手の技をよく掬投で返していました。私も例外ではありません。技をかけるのが嫌になる位、投げられまくりました。自分の技が柔らかく吸収される感覚、そこから高く持ち上げられ、気づいたら投げられている感覚。その時の感覚を今でも覚えています。「う~ん、悔しい!」そこで私は対策を練ることにしました。

 

 

 

 相手の技を対策する際には、自分がやらない技でも、1度練習してみることが大切です。同級生にお願いし、投げ込みマットの上で何回も投げさせてもらいました。嫌な顔ひとつせずに…、と言いたい所ですが、若干嫌な顔をしつつも、投げ込みを受けたり、アドバイスをしてくれた同級生に心から感謝しています。

 何がきっかけで技を覚えるか分からないものです。掬投の対策練習を始めて1年位が経ち、技の受け方、相手を持ち上げるコツ、投げる方向などを理解でき、ちょっとずつ自分でも使えるようになりました。

 



 

 掬投は、相手の技を事前に見切りった上でかける「後の先」の要素も強いです。タイミングが上手く合えば、相手の体重を軽く感じます。ただ、私の場合は、相手の技を全力で受け止め、その後も力で投げるきることが多かったと思います。(写真の場面がまさにそうです。)

 柔道の技には、筋力が必要です。ただ、力のみで投げているように見える技の中にも、上手く投げるための理屈が存在しています。そこをしっかりと理解した上で練習を重ねることが重要です。(と、高校時代の自分に教えてあげたいです…)

 

私の得意技③につづく


DSC07652.JPG

岡野功先生(※)からいただいたサイン
「後の先を制す」
※東京五輪(1964年)中量級 金メダリスト
 全日本選手権大会 優勝(2回)

 

 

 

 

※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/n119734a02bdd




2021-10-12 21:03:00

咲柔館コラム112 私の得意技①「脚取り大内刈」~女子柔道選手から学んだ技~

DSC03983.JPG

 


 孫悟空の「カメハメ波」、竈門炭治郎の「水の呼吸壱ノ型 水面斬り」。「必殺技」ってかっこいいですよね。東京オリンピックに出場した選手の皆さんも、アニメに負けないくらいかっこいい「得意技」を持っており、真似をしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 「得意技」とは、「相手が誰であっても一本をとれる技」だと私は考えています。そう考えると、私の技は「得意技」とは言えませんが、比較的一本をとることが多かった技をいくつかご紹介したいと思います。ただ、メジャーな技ではない上に、全ての技に「ある共通点」がありますので、これらの技を道場でお教えすることはありません。「ある共通点」とは何か。それは、最後の技の時にお話ししますね。(今回だけでも、十分わかりそうですが…)

 

 



①「脚取り大内刈」 ※正式名称ではありません。

 

 「全国大会に出場する」という夢を叶えるため高校に入学したものの、当時の私に一本をとれる技は何一つありませんでした。もちろん、乱取りや試合で相手を投げることは、ほとんどありません。勝つためのヒントはないものかと、アンテナを常に張っていました。そんなある日、テレビである女子柔道選手のすごい技を見たのです。後に五輪金メダリストになるその選手は、相手のズボンを引き上げて片脚立ちにさせ、その脚に大内刈をかけました。ピカーン!私の頭上に電球が光りました。「大内刈はケンケンで逃げられることがある。でも、相手を片脚立ちにさせ、その脚を刈れば絶対に倒れる。この選手天才!これだ!」 そう思い、何度もビデオを見直して研究を重ねました。



 

 

 そして、翌日の稽古でかけてみると、これが面白いようにかかる。味をしめた私は、そこから「脚取り大内刈」を乱取りで何度もかけるようになりました。「やっと相手を投げられる技ができた」と喜んでいた矢先、なんと監督からこの技の「禁止令」が出されたのです。せっかく開けた道を閉ざされ、ショックでした。ただ、今なら高校1年生の私に対するその指導が、いかに正しいものだったか分かります。この技ばかり使うと、他の技や引き手の使い方を覚えなくなる。先を見据えた適切なアドバイスでした。

 しかし、当時の私にとって目の前の勝利の方が大切です。「脚取り大内刈を極め、試合で一本をとれるようになれば先生も許可してくれるはずだ」。そう信じ、叱られても、かけてかけてかけまくりました。その結果、試合でも一本をとることが増え、いつしか注意されなくなっていました。



 

 

 この技は、高校2年生の時に出場した全国大会(写真参照)や大学生、社会人になってからも使い続けた思い出深い技です。おそらく、競技人生の中で1番かけて、一本をとった技だと思います。技の弱点や、ジュニア期にまず覚えるべき技ではないことも十分理解しています。それでも、私にとって柔道人生を切り開いてくれた大切な技です。ヒントをくださった女子選手に改めて感謝します。

 

私の得意技②につづく

 

 

 

※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/n0aa469f08d4c


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...