おしらせ

2021-12-16 18:25:00

地域フリーペーパー「iFree」インタビュー記事紹介

DSC08474.JPG

 

咲柔館コラム128
地域フリーペーパー「iFree」インタビュー記事紹介



栃木市を中心に配布されている地域フリーペーパー「iFree」にインタビュー記事を掲載していただきました。今回はその全文をご紹介いたします。

 

 

 

栃木の未来を担う「情熱人」(じょうねつびと)

 

元中学・高校の国語教師という経歴を活かし、柔道と学習を行う「寺子屋」的な柔道教室「文武一道塾 咲柔館(しょうじゅうかん)」経営されている館長 綾川浩史さん。2020年、栃木駅近くに道場を開館され、現在は子供から大人まで幅広い世代の方たちが通われているそうです。

 

 

 

綾川

栃木県は柔道の競技レベルが高く、日本、世界のトップで活躍する選手も多いです。ただ、当館は「大会で勝つ」「オリンピック選手を目指す」といった競技力向上よりも、柔道を通した「心と頭と体の成長」を重視した教育を行っております。子どもクラスにおいては、基礎体力の向上だけでなく、礼儀作法やコミュニケーションスキルなど「人間的成長」を期待されている保護者様が多く、ある方は「柔道を通して、子どもに『生きる力』を身につけさせたい」と仰っています。

 

 

 

綾川さんは5歳の頃に柔道を始められました。しかし、幼少期は運動が嫌いで、更に武道に厳しさを求める時代だったこともあり、小学生当時は柔道を楽しいと思える事は少なかったそうです。真剣に柔道に向き合い出したのは高校生から。全国大会出場という夢を持ったことで、成長を遂げます。文武両道を大切にする学校だったため、柔道だけでなく、学習面にも力を注いだそうです。柔道の技を研究する際には、物理の先生に「この技は物理学的に見てどうですか?」と質問をしに行くなど、「考える柔道」を大切にしました。こうして高校時代に何人もの先生に目標達成のサポートをしていただいた経験が、後に教師の道を目指すきっかけになったそうです。

 

 

 

綾川

「全国大会に出る」という大きな夢を叶えるために心を入れ替え、特に高校2年生からは、今まで以上に学習面にも力を注ぎました。自分は甘いと自覚していたので、教室の座席はいつも最前列を希望していましたね。授業時間内に学習内容の全てをインプットすると決め、電車通学の時間に読むものも漫画から英語や古文の単語帳に変えました。

そうしたことで、まず学業成績が伸び、それを追うように柔道でも生まれて初めて県3位に入賞することが出来ました。勉強で培った思考力、応用力、何より問題解決に向けて粘り強く向き合う姿勢が、柔道にも活かされました。私は「心が変われば」という言葉を大切にしています。「心」が変われば、「行動」、「習慣」、「人格」と順番に変わっていき、そして、最終的にはその人の「運命」まで変わります。私は、高校時代に「柔道と学業の両方に全力を尽くそう」と決意したことで、全国大会出場という夢を叶えられました。柔道と学習はつながっています。道場名に入っている「文武一道」という言葉には、そんな想いを込めました。

 

 

 

柔道場を開館しようと思ったきっかけは、教員になりたての20代前半にまでさかのぼります。当時、綾川さんは部活動後の時間を使ってイギリス人の友人に柔道を教えていました。ある日、彼の夢を聞く機会があり、「母国でキックボクシングと柔道を教える道場を作りたいんだ。数年後、イギリスに帰るから一緒に来ないか?」と誘われたそうです。その時は、教員になって間もなかったこともあり、断わったものの、「道場経営を生業にする」というビジョンは、綾川さんの心にずっと残り続けました。

現在、その彼はイギリスで夢を叶えています。キックボクシングの道場を2つ経営し、門下生はなんと500人以上。2019年に来日した際には再会し、大きな刺激を受けたそうです。

 

 

 

綾川

2019年の夏、興味を持っていた専業の柔道場「文武一道塾 志道館」(東京都)を訪問し、柔道場運営、経営について教えていただきました。その時の衝撃を今でも忘れません。子どもクラスのメニューは、柔道と遊びを融合させており、今までの稽古のイメージが覆りました。柔道場で勉強をするお子さんたちの姿にも驚きましたね。また、日本には、大人向けの柔道場が少ないのですが、志道館では老若男女多くの塾生さんたちが楽しそうに柔道をされていました。この時の経験が、柔道場を開館することを決意した大きなきっかけです。現在、志道館とは姉妹道場提携をしており、コロナ禍が落ち着いたら交流も行いたいと考えています。

今後は、色々なイベントを開催したいです。例えば、「色々な道場で混合チームを組む」「指導者が試合中にアドバイスをしない」、そんな「ちょっと変わった大会」を通し、お子さんたちのコミュニケーション力や主体性を伸ばしたいと考えています。また、自然の中でトレーニングをする「柔道キャンプ」、「他地域への遠征」、オリンピアンなど一流選手をお招きした「講習会・講演会」もやってみたいですね。

 

 

 

綾川さんは、塾生さんたちの1年後2年後、そして10年後にも活きる指導を常に心がけているそうです。「柔道は魔法ではなく、人をすぐに変えることはできません。しかし、柔道には、長い目で見て、人生を豊かにするヒントが沢山詰まっています。」と語っていました。柔道を通して「人を育てる」「人を笑顔にする」、それが綾川さんの目指す柔道場の姿です。

 

 

 

綾川

道場に通われているお子さん・中学生・大人の方たちの殆どが初心者です。受身から一所懸命練習し、一歩ずつ上達されています。皆さんが楽しそうに柔道をされているお姿を見る時が1番嬉しいです。そんな時、「この道を選んでよかったなあ」と心から思います。

文武一道塾 咲柔館は、「自分に柔道は向いていない」と思う方でも、一から楽しく柔道を学べる道場です。ぜひお気軽に見学・体験にお越し下さい。皆さんと道場でお会いする日を楽しみにしています。



DSC08476.JPG


DSC08477.JPG

 

 

  インタビュー記事は以上です。

iFree」は栃木市、近隣地域に約4万部配布されています。「iFree」を見かけた方は、ぜひ直接ご覧になってください。この記事をきっかけに、新たなご縁が生まれることを楽しみにしています。



DSC08468.JPG




※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/n083c48b7f72f




2021-12-14 16:56:00

年末年始の休館日について

いつも咲柔館ホームページをご覧になってくださりありがとうございます。

年末年始の休館日は以下の通りです。


【休館日】

2021年12月30日(木)~2022年1月4日(火)

 


寒さが本格的になってきました。こんな季節だからこそ、柔道で体も心も温めましょう!
体験・見学も随時募集中です。
皆さんと道場でお会いするのを楽しみにしています。


DSC07758.JPG

DSC07869.JPG

DSC08111.JPG


※体験・見学のお申込みはこちらからお願いします。
↓↓↓
https://shojukan.com/contact

2021-12-13 16:59:00

12月稽古目標~足技・古典の暗唱に挑戦しよう~

DSC08445.JPG

 

咲柔館コラム127

12月稽古目標~足技・古典の暗唱に挑戦しよう~


 今年も残すところあと3週間となりました。寒さが少しずつ増し、柔道衣を着る時には気合が必要になってきました。ただ、不思議なもので、いざ柔道衣に着替えるとあまり寒さを感じなくなります。これは私だけでしょうか…。

 

 

 

 12月の稽古目標は2つです。

 

    足技で安全に投げよう、投げられよう。

 

今月は集中的に足技の講習・反復練習を行います。「出足払」「支釣込足」「大外刈」「大内刈」「小内刈」の5つを中心に、安全に投げる、投げられる技術を身につけることが目的です。初心者の方やお子さんでも、ゆっくりと技を習得できるよう、段階的な稽古を行っています。まずは組まない単独練習から始め、少しずつ自分のペースで足技を身につけていきましょう。

現在、子どもクラス・大人クラスともに「小内刈」が上手くなっています。残り期間も皆さんの成長が楽しみです。


DSC08111.JPG


DSC08418.JPG

 

 

 

    実語教チャレンジ(古典の暗唱に挑戦)

 

「春はあけぼの~」「つれづれなるままに、日暮らし~」「祇園精舎の鐘の声~」。多くの方が学生時代に古典の暗唱を経験されたでしょう。若い頃に覚えた文章というものは、いくつになっても覚えているものです。頭で覚えているというより、身体に入っているといった感じでしょうか。

 今月は、稽古後に行っている素読の教材『実語教』の暗唱に挑戦します。「山高きが故に貴からず。樹有るを以て貴しとす。」から始まる『実語教』は、平安時代に書かれ「日本人千年の教科書」ともいわれています。江戸時代の寺子屋では、現代でいう道徳の教科書として使用されていたそうです。人に対する礼儀、学び続けることの大切さなど、生きる上で大切な知恵がこの本には詰まっています。

 全29項目のうち、いくつ覚えるかはお子さんが自分で決めます。今回の実語教チャレンジでは、暗記力の向上だけでなく、自分で目標を決め、その達成に向けて自主的に努力する姿勢も養いたいと考えています。チャレンジする日も自分で決めるので、誰が1番に来るのか楽しみです。


DSC08402.JPG


DSC08029.JPG

 

 

 

 終わり良ければ全て良し。そして、良い終わりは良い始まりにつながります。12月も安全で楽しい柔道を行い、笑顔で2021年を締めくくりましょう。

 

 

※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/n35ed6b79cd0e




2021-12-06 16:56:00

大人になってから柔道を始めて良かったこと・大変だったこと【大人クラス】

DSC08377.JPG

 

咲柔館コラム126
大人になってから柔道を始めて良かったこと・大変だったこと



 先日、姉妹道場「文武一道塾 志道館」より2名の方が出稽古に来て下さいました。お2人とも、50代から柔道を始められ、約2年かけて初段になり、今も週に3回程度稽古に励んでいます。そんな大人になってから柔道を始められたお2人に、実際に柔道をやってみて感じたことや柔道の魅力について聞いてみました。「柔道をやってみたい」と思っている方は、ぜひご参考にしてください。

 

 

 

Q 柔道を始めたきっかけは何ですか。

 

子どもが柔道を始めてから、柔道精神や嘉納治五郎師範に興味を持つようになり、自分もやってみたいと思いました。

 

柔道を通じて、もっと日本文化を深く理解したいと思ったのがきっかけです。

 

 

 

Q 柔道の稽古に慣れるまでにどれくらいかかりましたか。また、始めた当初はどのようなことを感じましたか。

 

稽古に慣れるまで半年くらいかかり、最初は続くのか不安もありました。でも、「人生をより楽しくしたい」「老後の楽しみを今から作りたい」という想いがあったので、続けられたのだと思います。



最初はできないことばかりで、行くのがつらい日もありました。慣れるまでに、1年くらいかかったと思います。でも、志道館の先生方が丁寧に教えてくださり、できることが少しずつ増え、進歩が喜びにつながるようになりました。



 

 

Q 大人にとって柔道の魅力は何ですか。

 

柔道には色々な技や動きがあり、大人になってからでも少しずつレベルアップできることが楽しいです。また、柔道はただのスポーツではなく、もっと大きいものであると考えています。柔道には哲学があり、精神面を学べることも大きな魅力です。

 

やはり体力がつきますね。そして、相手と組み合い、投げ合うという「非日常体験」が楽しいです。道場では年齢や仕事が違う方たちと一緒に稽古をするので、自分の価値観が広がります。塾生同士のつながりができていくことも楽しさの1つです。

 

 

 

 大変だったことも含め、柔道について話されている時のお2人は、とても生き生きとされていました。柔道を続けてきたからこそ見えたもの、得られたものがきっとあるのだと思います。お会いしていなかった1年8ヶ月の間に色々な技を覚えられ、今は「巴投(ともえなげ)」にも挑戦しているそうです。汗をかきながら、技や組み手の研究をされているお2人は本当に楽しそうでした。

 

 お2人のように大人になってからでも、段階的、体系的な稽古を続ければ、少しずつ成長できます。人生は一度です。「柔道をやってみたい」と思っている大人の方は、まず一歩目を踏み出してみてください。今回のコラムが、その勇気につながれば嬉しいです。


DSC08364.JPG


DSC08371.JPG


DSC08374.JPG

 

 

※姉妹道場「文武一道塾 志道館」ホームページ
↓↓↓
https://www.bunbuichido.net/



※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/n10eabd7e5827



2021-12-02 22:51:00

感動の再会~姉妹道場からの出稽古~【大人クラス】

DSC08383.JPG


咲柔館コラム125
感動の再会~姉妹道場からの出稽古~


 私は、2019年4月から1年間、東京にある柔道場「文武一道塾 志道館」で館長補佐として勤務していました。この1年間で館長先生から教えていただいた道場運営、経営に関する知識、現場で得た経験が今に生きています。特に、塾生の皆さんとの稽古を通して気づいたこと、学んだことは数えきれません。幼少期の子どもとの接し方、大人の初心者の方の指導方法など、それまで中高生を指導してきた私にとって、毎日が新鮮でした。

 

 

 

 そんな志道館の皆さんとのお別れは、とても残念な形になってしまいました。2020年3月、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、道場は休館。最後にお会いすることができなかった塾生様は、子どもクラス、大人クラス共に沢山いらっしゃいます。

 あれから1年8ヶ月が経ち、やっと志道館の塾生様と再会することができました。今回、咲柔館へ出稽古に来て下さったのは、50代から柔道を始めたお2人です。私が志道館に入社した当初、お2人とも白帯でした。約2年間こつこつと稽古を続け、見事、昇段試験に合格。今では黒帯姿が板に付いています。「大人の柔道家」という雰囲気が、とてもかっこ良いです。現在も、週に3回程度稽古をされ、柔の道を歩み続けられています。

 



 

 咲柔館は、1回目の緊急事態宣言が発令された頃に道場が完成しました。道場はできたものの開館することができず、不安で一杯の中、「コロナがなくなったら、絶対出稽古に行きますからね!」とメールや電話をくださった志道館の皆さんには、心から感謝しています。皆さんからいただいたメールや、子ども達から送られてきた手紙を何度も読み返し、気持ちを奮い立たせてきました。

 今回、このように直接お会いすることができ、感動で胸が一杯です。もちろん、「出稽古」ですので、しっかり稽古も行いました。お2人とも技術が向上されており、質問のレベルの高さにも驚きました。その詳しい内容は、また別のコラムで書きたいと思います。

 文武一道塾「志道館」と「咲柔館」は姉妹道場です。今後もこのような交流を少しずつ行いたいと思います。今回、遠方より来て下さった志道館の塾生様、本当にありがとうございました。また一緒に柔道をしましょう。


DSC08378.JPG


※姉妹道場「文武一道塾 志道館」ホームページ
↓↓↓
https://www.bunbuichido.net/





※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/n2e68061a7148



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...