おしらせ

2022-06-16 10:25:00

コラム「柔道場でコミュニケーション能力を高めよう」

DSC01334.JPG

 

咲柔館コラム167
柔道場でコミュニケーション能力を高めよう

 

 

 

 

 仕事をする上で必要な能力とは何でしょうか。経団連が毎年行っている調査によると、企業が新卒者に最も求めているものは「コミュニケーション能力」だそうです。なんと16年連続(2004年から2019年)で第1位。いくら社会が変化しても、人と人とがコミュニケーションをとりながら仕事を行うことに変わりはありません。

※ちなみに第2位は「主体性」(10年連続)、第3位は「チャレンジ精神」(3年連続)です。
※参考資料
https://www.keidanren.or.jp/policy/2018/110.pdf

 

 

 

 

 コミュニケーション能力を伸ばす場所や機会は色々ありますが、柔道場もその1つとして活用できると思います。例えば、中高生・大人クラスは、12歳から70代の方が在籍しており、色々な方と交流することができます。学校、職場、住む地域、年代が異なる方たちと話す機会は、普段の生活の中ではあまりないでしょう。

 初対面の方同士で話すこともあり、そういった経験が少ない中学生、高校生にとってはよい勉強になっていると思います。先日、体験に来てくださった柔道未経験の高校生に、中学生たちが準備運動を教えてくれました。最初は少しぎこちない会話をしていたものの、稽古を進めるうちにお互いの心がほぐれ、稽古後は笑顔で話していました。こうした経験は、きっと大人になってからも役立つと思います。

 また、コミュニケーションは言語だけではなく、非言語でも行われます。「礼をする」「組み合って技をかけあう」、言葉は交わしませんが、これらもコミュニケーションの1つと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 世代や地域といった様々な壁を越えて一緒に稽古や会話をする。このような柔道場での活動も、きっとコミュニケーション能力の向上につながるはずです。これからも、塾生の皆さん、体験に来てくださった方たちが、笑顔でコミュニケーションがとれる温かい空間を作っていきたいと思います。

 

 

 

 

「柔道家が増えることで、社会はより良くなる」
文武一道塾 咲柔館

咲柔館 ロゴ.jpg




※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/ne6acf3b143e1

 

2022-06-09 20:41:00

コラム「柔道で怪我をしないために大切なこと」(子どもクラス)

袖を引く.png

咲柔館コラム166
柔道で怪我をしないために大切なこと

 

 

 

 

 柔道の安全性は、「受身」だけで保たれてるのではありません。投げた時に、相手の袖をしっかりと引いてあげる「かばい手」も受身と同じくらい大切です。このかばい手があることで、投げられた相手は受身をとりやすくなります。かばい手は、いわば相手を守る「命綱」です。

 

 

 

 

 未就学児でもこの動作を何度も繰り返すと、無意識にできるようになります。ただし、かばい手の形だけできればよいのではありません。その目的をしっかりと理解した上で稽古を行うことが重要です。どのように、どのタイミングで引けば、相手の痛みと危険をなくすことができるのか。1回1回しっかりと考えながら、投げ込みを行っています。こうして、より良いかばい手を追究し続けることで、自然と相手のことを想像する力も養うことができます。それが柔道の素晴らしさです。

 

 

 

 

 かばい手で相手を守る、受身で自分を守る。この両方ができる強くて優しい柔道家を育てていきます。

 

 

 

※以前書いた「かばい手」に関する心温まるコラムです。
 ぜひご覧になってください。

「お母さんを守った柔道の心と技」
https://note.com/shojukan/n/n4b2cf660a025

 

 

 

 

「柔道家が増えることで、社会はより良くなる」
文武一道塾 咲柔館

咲柔館 ロゴ.jpg





※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/n6aa312495d45




 

2022-06-06 12:20:00

コラム「『年齢差50歳』でも乱取りはできる』(中高生・大人クラス)

DSC00992.JPG

 

咲柔館コラム165

「年齢差50歳」でも乱取りはできる

 

 

 

 

 咲柔館の中高生・大人クラスには、12歳から70代の方まで幅広い年齢層の塾生様が在籍しています。学生さんと大人の方が一緒に稽古をすることは、町道場の魅力の1つです。世代を越えた交流を通し、お互いに刺激をもらったり、様々なことを学ぶことができます。

 

 

 

 

 時には年齢差50歳で乱取りをすることもあります。年齢、体力、技量など、様々な違いがある方同士が組み合い、安全に稽古を行うために欠かせないもの。それは「相手への敬意」です。色々な条件(かけてよい技限定・攻守交代制など)も設けていますが、やはり1番大切なのは「相手への思いやり」です。「とにかく相手を投げたい、抑えたい」という己の欲求を満たすためだけに稽古をするのが本来の柔道ではありません。相手を慮る心、共に高め合う心があってこその柔道です。「力の加減をする」「相手の技を受けてあげる」、そして「投げられたら潔く受身をとる」。このような姿勢をお互いに持ってこそ、柔道を安全に楽しむことができます。

 

DSC00998.JPG

 

 

DSC00995.JPG

 

 

 

 

 塾生の皆さんは、道場外で交流をすることもあります。先日は、稽古後に何人かの方たちで栃木市の名店「山田氷屋」に行きました。「○○君は何味にしたの?」「○○さんは、いちごミルクにあずきをトッピングしたんですね。さすがです!」こんな会話をしながら、みんなでかき氷を美味しそうに召し上がっていました。畳の上以外の交流もとても楽しいですね。このような機会を通じて、皆さんの関係が更に深まっていくように感じます。

 学校が違う、職場が違う、年齢が違う、住んでいる地域が違う。様々な違いを越えて柔道仲間が集う道場。文武一道塾 咲柔館は、そんな素敵で愉快な空間であり続けたいと思います。

 

DSC01262.JPG

 

 

DSC01269.JPG

 

 

 

 

「柔道家が増えることで、社会はより良くなる」
文武一道塾 咲柔館

咲柔館 ロゴ.jpg




※「note」より転載
https://note.com/shojukan/n/nc48d4c3572b9



 

2022-05-30 14:00:00

コラム「凹んだ時に力をくれた人と言葉」(6月イベント紹介)

凹んだときに.png

 

咲柔館コラム164
凹んだ時に力をくれた人と言葉

 

 

 

 

 2020年4月、初めての緊急事態宣言。文武一道塾 咲柔館の道場は、そんな中で完成しました。道場はできたものの、スポーツ施設は活動制限がかかり、すぐに休館。開館できたのは、約3ヶ月後の6月21日でした。咲柔館が開館してもうすぐ2年になります。コロナ禍の影響で活動を制限した期間は何度もありました。それでも、何とかここまで歩み続けてこられたのは、塾生様や咲柔館を応援してくださっている皆様のお陰です。本当にありがとうございます。

 正直に申し上げると、この2年間の中で、何回も落ち込みました。心が折れそうになったことも1度や2度ではありません。でも、その度に心で受身をとり、立ち上がり続けてきました。その時のエネルギー源となったのは、沢山の「人」と「言葉」です。


全景 新.jpg

 

 

 

 

 ありがたいことに、この2年間の経験と私に力をくれた人・言葉についてお話しする機会をいただきました。高校柔道部の後輩である山口敬志さんが6月25日(土)に開催するイベントの一部で、お話をさせていただきます(山口さんのプロフィール・イベント内容につきましては、コラムの最後をご覧ください)。

 今回お話しするのは、ある3人の方との物語です。「柔道場開館のきっかけをつくってくれた英国紳士」、「空から笑顔を届けてくれたパイロット」など、今でも私の背中を押し続けてくださる3人の生き方や言葉を、様々なエピソードを交えながらご紹介します。3人の共通点は「絶望的な状況を乗り越え、今も夢に挑戦し続けている」という点です。「普通はそこで諦めるよね」という状況をどう乗り越えてきたのか。落ちこんでいる人が元気になれたり、聴いてくださった方が笑顔になるようなお話をしたいと思います。主催者の山口さんから「心を燃やすお話を!」とのリクエストがありました。得意分野である「熱さ」全開でいきたいと思います。

 

 

 

 すでに申し込んでくださった方の中には、初めてお会いする方もいらっしゃるようです。6月25日(土)、咲柔館で皆さんとお会いするのを楽しみにしております。

 

 

 

 

【山口敬志さん プロフィール】

 

image.jpg

 

・1981年6月9日生まれ

・栃木県下野市石橋出身

 

 

〈略歴〉

國學院大學栃木高等学校 卒業

埼玉大学(教育学部保健体育科)卒業

小学校体育非常勤講師・外資系企業のトレーナーを経験後にフリーランスのパーソナルトレーナーとして独立

 

 

 健康革命家として、一人一人の価値観やライフスタイルを尊重した運動・健康指導を実施。元気に明るく快適に生活したい人々をサポート。「自分の健康は自分で守る」をモットーに、柔軟な発想でいかにその方が健康で元気になれるかという視点からアプローチしている。自然体験や健康に関するイベントを多数開催。

 

※山口 敬志さん ホームページ
https://www.k-kakumei.com/

 

 

 

 

【イベントについて】

 

「梅雨の栃木を味わう!?~太平山・あじさい坂トレリート~」

 

第一部 太平山のトレッキング

約5時間の初心者向けのトレッキングです。大自然の中で心と体をリフレッシュしましょう。

(栃木市 太平山にて)

 

282089361_5349140271814423_2492462536145246558_n.jpg

 

282457372_5349140881814362_9116472311556227840_n.jpg

 

282120377_5349140291814421_7572202143688592396_n.jpg

 

第二部 心を燃やして生きるお話&転んでも立ち上がる受身体験

人生という道の途中で転んでも大丈夫。心に火をつけるお話と受身体験です。

(栃木市文武一道塾 咲柔館にて)

 

DSC02023.JPG

 

 

2022年6月25日(土)9時~17時

 

 

 

 

お申し込み方法を含め、詳細につきましてはこちらをご覧ください。

※一部、二部それぞれのみのご参加も可能です。

↓↓↓
https://shojukan.com/info/4564145

 

 

 

「柔道家が増えることで、社会はより良くなる」
文武一道塾 咲柔館

咲柔館 ロゴ.jpg

 

 

 

 

 

2022-05-23 16:20:00

6月開催イベント 「太平山トレッキング&熱い話」 

282120377_5349140291814421_7572202143688592396_n.jpg
アウトドア初心者にもおすすめ!
【梅雨の栃木を味わう!?~太平山・あじさい坂トレリート~】
 高校柔道部の後輩で、健康や自然に関するイベントを多数開催している山口敬志さん。そんな山口さんが、6月25日(土)に栃木市でちょっと変わったイベントを開催します。いつもは「面白そうだなあ~」と山口さんのイベント情報を遠巻きに見てきましたが、今回はそうはいきません。なんと、気づいたら「共催者」になっていました。ええ~、いつの間に~!?でも、とても面白そうなので頑張りますよ!!
詳しくは山口さんの説明をご覧ください。
↓↓↓

トレッキングサポート
山口敬志(健康革命家)

image.jpg

パーソナルトレーナーとして、都内近郊で活動中。(https://www.k-kakumei.com/

その他、トレッキングやリトリート等様々なアウトドア企画で「体験も貴重な財産になる」と実施。(https://armap.tokyo/kenkoukakumeika/

世界を旅して多数のユニークな経験を持つ。青春時代は、太平山の麓にある国学院栃木高校に通い、毎朝自主練として太平山の階段を往復し続け「3年間で誰よりも太平山神社に通った」のが自慢。


今回は栃木でアウトドア初心者向けの梅雨の日帰り企画を実施します。
(トレッキングのみ、お話し会のみの参加も可能です。)
トレリートとは、トレッキングとリトリート(非日常体験でのリフレッシュ)を合わせたものです。
トレッキング等にちょっと一歩踏み出してみたいけれど、
ハードなことは無理と思っている方に最適な行程をご用意しました。
まずは平地を含め歩いて約5時間の太平山神社周辺をトレッキング。
(コースタイムは休憩除き3時間なので、のんびり歩きます)
道中は、講師が約20年山を歩き続けて身につけた自然の力を身体に取り込む秘訣と、
約15年トレーナーとして学んだ身体の使い方を分かりやすく案内しながら身体に負担の少ない歩き方や上り方をご案内します。
どうすれば身体を緩ませて、そして上手に登ることができるのか、
自分の足で立って、動き続けていきたい方にはおススメの内容です。
また下山後は、栃木市内にある柔道場「咲柔館」にて、館長の綾川先生より、
心を燃やして生きるお話転んでも立ち上がる受け身体験(元気な方がいたら)を行っていただきます。
その後は栃木名物に舌鼓を打ちながら質疑応答含めて交流やリラックスしてください。
近くには江戸時代から交易の発展を支えた巴波川(うずまがわ)もあり、
歴史の流れを感じるこの地で、心に灯がともるのを感じていただけたら幸いです。
初参加や一人参加の方でも、楽しくマイペースに過ごせるような工夫をしていますのでどうぞご安心ください!


【梅雨の栃木を味わう!?~太平山・あじさい坂トレリート~】
日時:2022年6月25日(土)
東武 新大平下駅 8時45分 または JR大平下駅集合、
18時頃 栃木駅近く(約600m)にて解散予定
*太平山・あじさい坂トレッキングのみ希望の方は15時解散予定)
*15時30分の咲柔館のお話会から参加も可能です。
料金:トレッキング 8000円(税込)/ 咲柔館でのお話し会等 3000円(税込・栃木名物のお茶菓子等付き)
   *過去に山口の運動指導、イベント等ご参加の方、参加者からご紹介の方はトレッキング2000円引き。
   *料金に含まれるもの(保険、緩む身体の指導、動き方の指導、トレッキングサポート)
定員:10名程度
申込:https://ssl.form-mailer.jp/fms/ca4e66ea740394
  *申込者にはLINE等でグループを作成して詳細等を随時連絡致します。ご了承ください。
  (LINEを使用してない方は個別に何らかの形でご案内いたします)
対象者:平地で約10㎞程度歩くことのできる方(高尾山往復できる方なら大丈夫です)、
臨機応変に柔軟に対応できる方、
    自然や人に対して温かい心を持てる方、
他者の様々な考え方や生き方を尊重や受容できる方、
    心に灯をともしたい方、
   *既往歴や疾患のある方は状況をお伺いして対応させていただきます。
持物:トレッキングできる格好、水分、タオル、汗をかいた後の着替え、雨具、お賽銭、昼食
おおまかな流れ
(雨天決行ですが、コース等は臨機応変に安全なコースに変更の可能性あり)
6月25日(土)
8時45分 東武 新大平下駅 集合
9時15分 JR 大平下駅 集合 オリエンテーション、講義(実技含む)
〇自然からのエネルギーを享受できる身体になる技術
〇身体の局所的な負担を減らして(特に膝など)効率よく歩く技術
10時30分 大中寺 散策
11時30分 清水寺 散策
12時30分 晃石山山頂(標高419m) 昼食休憩 
14時   太平山神社
14時30分 あじさい坂
15時 国学院栃木高校前バス停(トレッキングのみで帰られる方はこちらでバスに乗車可能です)
15時30分 文武一道塾「咲柔館」にて、綾川館長の心を燃やして生きるお話や転んでも立ち上がる受け身体験(元気な方がいたら)
16時45分 栃木名物のお茶菓子等を頂きながら質疑応答や交流・リラックス等
17時30分 順次解散(栃木駅まで約600m)
*その他、詳細や案内等は参加者にまたお伝えします。
お願い
〇貴重品は各自で管理をお願いします。
〇体調不良の際は無理をせずにお休みください。

282089361_5349140271814423_2492462536145246558_n.jpg
282457372_5349140881814362_9116472311556227840_n.jpg
283104838_5349141058481011_4658445251403975504_n.jpg
どうですか?なかなか面白いイベントですよね。山口さんのお人柄と栃木の自然に触れ、きっと心と体をリフレッシュできると思います。
私もとっておきの熱い話を用意しておきますね。栃木県内の方も、県外の方も、ぜひ、お気軽にご参加ください。
 
お申し込みはこちらからお願いいたします。
↓↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ca4e66ea740394

☆文武一道塾 咲柔館の塾生様は、特別価格でご参加できます☆
トレッキング 8000円(税込)→6000円(税込)  
咲柔館でのお話し会等 3000円(税込・栃木名物のお茶菓子等付き)→1000円(税込)
※ご参加される方は、稽古時にお声かけください。よろしくお願いいたします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...