おしらせ

2024-03-27 14:57:00

📝Jキッズフェスタふり返り④(背負投講習会編)~石川先生と背負投への憧れ~

DSC00052.JPG

 

 

咲柔館コラム273
Jキッズフェスタふり返り④(背負投講習会編)~石川先生と背負投への憧れ~

 

 

 

 

 Jキッズフェスタでは、元全日本強化選手の石川裕紀先生をお招きし、背負投講習会を行いました。今回の講習の主な対象は「背負投をやったことがない」「背負投に苦手意識を持っている」お子さん・中高生です。

 対象をこのように設定した理由は、私自身も「背負投はできない」と長年思っていたからです。指導者を志した大学時代から、背負投を教えるために必要な知識は勉強しだしたものの、自分自身が使えるようになるとは考えていませんでした。しかし、そんな私でも24歳の時に初めて試合で背負投がかかったのです。生徒に背負投を教えるために少しだけ打ち込みをやっていたのですが、その技が思いがけず出ました。試合で背負投がかかったのは柔道人生でその1回のみですが、「自分も背負投ができるんだ」と感動したのを覚えています。

 おそらく、私のように「できない」と勝手に決めつけているお子さん・中高生も多いのではないでしょうか。そんな心の壁をなくすきっかけにしたい、という願いを石川先生にお伝えし、講習会をお願いしました。

 

 

 

 

 背負投の名手である石川先生は、教え方も一流です。優しい口調、丁寧な説明で、背負投を一からを教えてくださいました。上半身の使い方(相手の崩し方)、下半身の使い方(体の回し方)をそれぞれ分解して実践し、最後は全体をつなげて1つの技にする。解説がとても分かりやすい上に、練習の合間には質問に答えてくださったり、技を受けてくださったので、背負投のイメージがよく理解できたと思います。

 咲柔館のお子さんの中には、最後の乱取りタイムで石川先生と組んだり、稽古後にサインをいただいたお子さんもいました。石川先生と背負投に憧れを抱いたようで、この日以来、多くのお子さんが一所懸命に背負投を練習しています。「自分にも背負投ができるかも」と思ってくれたことが嬉しいです。


DSC00037.JPG

DSC00011.JPG

DSC00040.JPG

DSC00041.JPG

DSC00063.JPG

DSC00065.JPG

 

 

 

 

 石川先生は、Jキッズフェスタの最後にこう話されました。「私が皆さんに大切にしてほしいことは3つあります。それは『素直な心』、『柔道が好きという気持ち』、そして『感謝の心』です。この3つを大切にしてこれからも柔道を頑張ってください。」 石川先生は技だけではなく、柔道家として大切な心も教えてくださいました。

 石川先生のご指導には「子どもたちを強くしたい」という思いと共に「人として成長してほしい」という願いがこもっているように感じました。強くて優しい柔道家、石川先生との出会いは、お子さんたち、中高生の皆さんにとって一生の宝物になることでしょう。石川先生、心のこもった素敵なご指導を本当にありがとうございました。

☆石川先生YouTube「背負投」
⇩
https://www.youtube.com/watch?v=flJ0Meo5eYk


※次回は「柔道川柳・柔道クイズ編」です。

 

 

 

 

「柔道をやることで、人生はより豊かになる」

「柔道家が増えることで、社会はより良くなる」

文武一道塾 咲柔館





※noteより転載
https://note.com/shojukan/n/n82f84bf331e3